情報発信する時のジャンル決めの方法

コンテンツビジネス

どうも、ゆうとです。

 

 

今回は情報発信を始める時の発信ジャンル決め

について話していきます。

 

「どんなジャンルの何を発信をすればいいの?」

「自分にはどのジャンルが向いているの?」

「ジャンルは大まかに決まったけど、これって稼げるの?」

 

こんな悩みをはじめは必ずと言っていいほど持つと思います。

実際、僕も最初はジャンル選びに、右往左往してました^^;

 

この記事ではジャンルを選定する前段階や前提知識と

初心者がやるならオススメのジャンルを紹介していきますね!

 

昔から言われている【稼ぎやすい3つのジャンル】

 

まず初めに、皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが

むかーしから言われ続けている稼ぎやすい3つのジャンルがあります。

 

それが「稼げる」「モテる」「痩せる」です。

 

なぜこれらが稼ぎやすいのか?

理由は2つあります。

 

1つは、シンプルに“市場が大きい”からです。

 

市場が大きいと言うことは

それだけそれに悩む人がいる

(価値を提供できる人が多い)と言う事です。

 

そして2つ目が、“悩みが深い人が多い”と言うこと。

 

悩みが深いと言うのは

例えばめちゃめちゃ貧乏な人がそれを自覚していて

辛いや苦しいといった思いをしている。

 

その上で、お金や時間を投資してでも!

今すぐにでも!

その状況を解決したいと思っている人がいると言うこと。

 

先で紹介した3つのジャンル

「稼げる」「モテる」「痩せる」はこ

の要素を満たしてるので稼ぎやすいと言われているんですね。

 

 

特に初めてのビジネスでは、

“悩みが深い市場” 選びをする事が

かなり重要になってきます。

 

これからビジネスを始めようかな?と言う人にオススメなジャンルは稼げる系

 

発信テーマ選びで悩んでいる人は

『コンテンツビジネスのやり方を発信する』

ことをオススメします。

 

ジャンルで言うと「稼げる系」になります。

 

なぜかというと、どんなジャンルであれネットを使って

物を売るスキルは必要になってきます。

 

具体的に言うと

ウェブマーケティングやコンテンツ力ですね。

 

結局それらを勉強しないといけないので

勉強しながら発信していけジャンルが効率いいです。

 

例えば、ダイエットを発信するとしましょう。

 

始めからダイエットについてかなりの知識と経験があれば

いいですが、そうじゃないとダイエットの勉強もしつつ

集客やコンテンツの作り方、マーケティングを学ばなきゃ

いけません。

 

だから、集客とかライティングとか学びながら

それを発信した方が2つのことを同時にやるより

クオリティもモチベも上げられますよね。

 

 

僕もジャンルはそうやって決めました!

 

特段、専門的な知識や経験があったわけではないので

ビジネスについて学んで、それを発信してます。

 

こう言った理由で、僕はこれから始める方で

テーマに悩んでいるならば

ビジネスを勉強してそれを発信しよう!

ってことをオススメします。

 

 

でも、ライバル多いんじゃ、、、

 

 

ビジネス(稼ぐ系)みたいに市場が大きいと

悩む人も多いですが、反対に

同業者もたくさんいます。

 

当然、早く始めた人は

それだけすごい実績を持っているわけで。。。

 

そうすると

 

「自分みたいな初心者が需要あるのかな」

 

っていう不安が出てくるんですよね(笑)

 

でも、それは心配する必要なくて。

 

すごい人と違う層の人をターゲットにすればいいんです。

 

このあたりはターゲットとコンセプトの話に

なりますので、今回は端折りで。

 

こちらの記事でお話しています。

【何からやればいい?】ビジネスで初めにやるべきこと

 

といことで、今回は以上になります。

またね!

 

【限定特典】実績0から始めるコンテンツビジネス全体像を書いた10000字レポートを無料配布中!

 

僕の公式LINEでは

・副業を始めたいけど、何がいいか分からない
・コンテンツビジネスを始めたいけど、やり方が分からない
・情報発信ビジネスを始めたけど収益化までの道がイマイチ見えない
・自分の進んでいる方向性が合っているか教えて欲しい

こういった個別具体的なお悩みについて、無料でサポートさせていただいております。

 

また、登録いただいた方には、限定特典で

「実績0から始めるコンテンツビジネスの全体像〜7つのステップで解説〜」

を10000字で体系的かつ再現性のある方法でお伝えするレポートをプレゼントしています!

 

少しでも気になった方はぜひ受け取ってみてくださいね^ ^

 

 

とっても嬉しい感想も頂いております(^ ^)

↓↓