情報発信する時のジャンル決めの方法

コンテンツビジネス

どうも、ゆうとです。

 

 

今回は情報発信を始める時の発信ジャンル決めについて話していきます。

 

「どんなジャンルの何を発信をすればいいの?」

「自分にはどのジャンルが向いているの?」

「ジャンルは大まかに決まったけど、これって稼げるの?」

 

こんな悩みをはじめは必ずといっていいほど持つと思います。

実際、僕も最初はいろんなジャンルを検討しては、右往左往してました^^;

 

今回の記事では、ジャンルを選定する前段階や前提知識と初心者がやるならオススメのジャンルを紹介していきますね!

 

昔から言われている【稼ぎやすい3つのジャンル】

 

まず初めに、皆さんも聞き覚えがあるかもしれませんが、むかーしから言われ続けている稼ぎやすい3つのジャンルがあります。

それが「稼げる」「モテる」「痩せる」です。

 

じゃあ、なぜこれらが稼ぎやすいのか?

一つは、シンプルに“市場が大きい”からです。

市場が大きいと言うことは、それだけそれに悩む人がいる(価値を提供できる人が多い)と言う事です。

 

そして二つ目が、“悩みが深い人が多い”と言うこと。

 

悩みが深いと言うのは、例えばめちゃめちゃ貧乏な人が今の自分が貧乏であることを自覚していて、それによって辛いや苦しいといった思いをしている。

その上で、お金や時間を投資してでも!今すぐにでも!その状況を解決したいと思っている人がいると言うこと。

 

先で紹介した3つのジャンル「稼げる」「モテる」「痩せる」はこの要素を満たしてるからこそ稼ぎやすいと言われているんですね。

 

特に初めてのビジネスでは、この “悩みが深い市場” 選びをする事がかなり重要になってきます。

 

例えニッチなジャンルであったとしても、100人に1人、1000人に1人そこに対して投資意識、行動意識の高い人がいれば問題なく選んでもらって大丈夫です。

 

ニッチジャンルは選ぶ前に優先順位を考える

 

ただ、先ほど言ったニッチなジャンル選びにも、気をつける事があります。

それがその情報発信の先に求める優先順位をハッキリさせる事です。

 

どういうことかと言うと、

 

例えば、僕はアリの飼育が好きだ!アリの飼育に関する情報発信をしたい!となった場合に

優先順位の一番に「アリの飼育に興味を持って、飼育してくれる人を増やしたい!」のであれば、全く問題ないです。

 

ですが、優先順位の一番が「アリの飼育の情報発信を通して、まずはお金を稼ぎたい」のであれば、正直難しいと言う感じです。

 

アリの飼育のような超ニッチな分野(あくまで例です)で十分なマネタイズをするとなると、その業界でトップレベルになるくらいじゃないとダメです。

 

それはつまりアリの飼育ならこの人!と言うポジションを作らないといけないわけですが、これってなかなかハードル高いんですよね。

 

それよりかは、大きい市場でほんの0.01%でもシェアを取る方が圧倒的に楽なので、始めたてでまだ専門と言えるほど知識も経験もないと言う方にはあまりオススメしていません。

 

じゃあ、逆に市場がでかけりゃ良いのか?と言うとそうでもないんですね。

 

でかい市場なら良いわけではない

 

市場が大きいと言うことは、それだけ同業者いわばライバルもかなり多いと言うことだからです。

 

市場が大きくて、ライバルが鬼のように強いジャンルだと例えば、

金融(クレカ等)、美容・健康系、資格試験系、大学受験などなど

 

こういったところは大企業が多額の金と大量の人を投資している場合もあるんで、かなり厳しい戦いになりますので、そこも加味して選ぶと良いですね。

 

要は、大きな市場で大企業やすでに輝かしい実績を持っている人ができないような穴をついていくこと。

これがジャンルを決める上でかなり大事な考え方になってきます。

 

市場の存在、規模を判断する方法

 

話は少し変わって、じゃあこのジャンルで行こう!というのが大まかに決まったとして、そのジャンルに市場があるかどうかを判断する材料として

 

広告を出しているかどうか は1つの判断基準になります。

 

例えば、PPC広告とかSNS広告とかYouTube広告とかとか。

 

広告でそのジャンルに関しての何かしらのサービスが売られてるとすれば、お金をかけてお客さんを集めても元が取れると言うことですからね。

 

逆にブルーオーシャン(ライバルが少ない)ジャンルは初心者にはオススメしないです。

 

僕もはじめは大いに勘違いをしていたのですが、起業やビジネスって誰もやったことがない、まだ手をつけていないことをやらないといけないと思っていたんですね。

 

でもよく考えると、自分よりも遥かにビジネス経験がある人がそのジャンルに手をつけていないと言う理由が何かあるはずなんですね(笑)

 

単純にそのジャンルに関するサービスをお客さんに求められていないとか、
薄利多売のビジネスになってしまう(大手企業の領域)とか

 

ビジネスを始めたての頃は、すでにできている市場に乗っかっていくってことが大事です。

 

これからビジネスを始めようかな?と言う人にオススメなジャンルは稼げる系

 

発信テーマ選びで悩んでいる人は、情報発信ビジネスのやり方を発信することをオススメします。

いわゆる「稼げる」ジャンルですね。

 

なぜかというと、ネットを使って物を売るスキルいわゆるウェブマーケティングやコンテンツ(文章や動画)を使ってビジネスをしていくコンテンツビジネスって、結局勉強しないといけないんですよね。

 

それを勉強しながら発信していけるので、情報発信に興味があるけど何をしたらいいか分からないという方に教えてあげることもできますからね。

 

これが例えば、ダイエットを発信していくとなると、上に書いたマーケとかを学びながらダイエットの方も学んで発信しなきゃいけないので。

(その発信内容に関して、かなりの知識や実績の持ち主であれば話は別ですが)

 

繰り返しになりますが、大事なのは大きな市場でニッチな部分を見つけていくことなので、ビジネス系だと初心者に徹底してマンツーマンで教えてあげられますし、ここは大手が入り込めない部分なので、差別化にもつながります。

 

こう言った理由で、僕はこれから始める方でテーマに悩んでいるならば、ビジネスを勉強してそれを発信しよう!ってことをオススメします。

 

ビジネスの本質は価値提供

 

と、ここまで色々話してきましたが、結論、何を発信しようがその人の自由です。

別に稼げる系を発信する必要はありません。

 

でも、ビジネスの本質は【価値提供】なので、少なくともお客さんに求められる発信をしていかないといけません。

 

なので、“自分の好きなこと” と “お客さんの好きなこと”の両方が重なる場所がビジネスになり得るのでその部分でジャンルを探すのが良いです。

 

といことで、今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【限定特典】実績0から始めるコンテンツビジネス全体像を書いた10000字レポートを無料配布中!

 

僕の公式LINEでは

・副業を始めたいけど、何がいいか分からない
・コンテンツビジネスを始めたいけど、やり方が分からない
・情報発信ビジネスを始めたけど収益化までの道がイマイチ見えない
・自分の進んでいる方向性が合っているか教えて欲しい

こういった個別具体的なお悩みについて、無料でサポートさせていただいております。

 

また、登録いただいた方には、限定特典で

「実績0から始めるコンテンツビジネスの全体像〜7つのステップで解説〜」

を10000字で体系的かつ再現性のある方法でお伝えするレポートをプレゼントしています!

 

少しでも気になった方はぜひ受け取ってみてくださいね^ ^

 

 

とっても嬉しい感想も頂いております(^ ^)

↓↓