【ブログ記事の書き方】初心者でもすぐ書ける手順を紹介!

初心者でも真似できるブログ記事の書き方 ブログ
・ブログ記事の書き方がわからない
・記事を書くときのコツを知りたい

 

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容
  • ブログを書く手順が分かる
  • ブログを書く時に抑えておくべき事が分かる

 

ブログの記事の書き方

ブログ記事の書き方
ブログを始めたんだけど、記事の書き方がわからない…

 

そんな方は、以下の手順で記事を書いてみてください。

 

✔︎ブログ記事を書く手順

 

  • 書く内容を決める
  • キーワードを決める
  • テンプレートに沿って記事構成を決める
  • 見出しを決める
  • 本文を書く
  • アイキャッチや見出し画像を決める
  • パーマリンク、カテゴリー、タグの設定
  • タイトル、メタディスクリプションの設定

 

な、何を言っているのかわかりません!?
大丈夫!今から順に説明していくね!

 

書く内容を決める

まずは、どんな内容で記事を書いていくのかを決めましょう。

 

基本的にブログは『問題解決』を題材にすると書きやすいです。

つまり誰かの悩みを解決するブログを書くことが必要になってきます。

 

当記事であれば

「ブログの書き方がわからないと言う人に向けて書き方を紹介する」

記事となっています。

 

あなたの得意なジャンル、好きなジャンルについて、悩みを解決する記事を書くのが書きやすくておすすめですよ。

キーワードを決める

書く内容が決まったら、今度はキーワードを決めていきます。

 

キーワードって何?
キーワードとは、実際にその悩みを解決したい読者がGoogleやyahooで検索する時のワードのことだよ。

 

当記事であれば「ブログ 記事 書き方」をキーワードとして設定しています。

 

ここは、とても重要なポイントで、書いている記事がどんな悩みを持った人にどんなキーワードで検索してもらいたか考える必要があります。

 

例えば、ブロブ記事の書き方を知りたい人が「ブログをうまく書きたい」とは検索しませんよね?(少し極端ですが…)

 

できるだけ多く検索される「キーワード」を選ぶことがブログを運営していくうえで大切な要素となります。

 

見出しを決める

続いてキーワードが決まったら、記事の見出しを考えていきます。

 

本文よりも先に見出しを決めてしまいます。

 

なぜなら、記事の内容が脱線するのを防ぐためです。

 

見出しを先に決めず上から順に書くと、伝えたい内容が変わっていたり、最初と最後で結論が変わっていたりと記事に一貫性がなくなります。

 

そうならないためにも、見出しは初めに決めてしまいましょう。

 

SEO対策として、見出しにはキーワードを左づめで入れておくといいよ!

 

構成テンプレートに沿って記事構成を決める

見出しの次は、記事の構成を考えていきます。

記事構成とは、簡単にいうと骨組みです。

 

それって必要?
いきなり書き始めちゃいけないの?

 

ダメです!!

記事構成を作らないというのは、設計もせずにいきなり家を組み立てていくようなもの。

 

まずは、設計を決めてから書き始めましょう。

 

大まかな構成としては、次の3部構成です。

 

  1. 導入文
  2. 本文/span>
  3. まとめ

 

どんな読み物もだいたいこの構成です。

では、それぞれのパートについて詳しく見ていきましょう。

 

✔︎導入文

導入文はかなり大事なパートになります。

 

なぜなら、この部分で読者に読む価値があると思ってもらわないと、すぐ離脱されてしますからです。

 

導入文の書き方は次のような構成です。

  1. 読者の悩みを明確にする
  2. 解決策を提示する
  3. 記事の概要
  4. 記事を読んでどんなメリットが得られるのか

 

✔︎本文

導入文の次は本文です。

 

本文を書くときのテンプレートはPREP法というものを使います。

 

PREP法
  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例・根拠
  4. 再度結論
読者がブログを読む理由は悩みを解決したいからです。

なので、いちばん最初に「結論」を持ってくることが読者にとってわかりやすいく、読みやすい文章となります。

 

✔︎まとめ

最後はまとめですね。

 

本文で書いたことを完結にまとめたり、関連記事への誘導をこのパートで行います。

 

おすすめの商品として、アフィリエイト のURLを貼るのもひとつの手ですよ!

 

アイキャッチ、画像の選定

ここまで書けたらあとは、最終調整です。

 

アイキャッチ画像や見出しに入れていく画像を決めていきます。

 

たかが画像と侮ることなかれ!

 

画像をしっかり決めることで次のようなメリットがあります。

 

  • 画像検索にヒットする
  • クリック率が上がる
  • オリジナリティを出せる

アイキャッチとは文字通り、「目に留まる」ということです。

 

オリジナリティに富んだインパクトのある画像は、読者を惹きつける要素になります。

 

パーマリンク、カテゴリー、タグの設定

いよいよ終盤です。

 

記事全体が出来上がったので、細かな設定に移ります。

 

✔︎パーマリンク設定

パーマリンクとは、記事のURLのことです。

 

デフォルトのままだと画像のように「日本語表記」になっています。

 

このままでは、SEO的に良くないので、英語表記(ローマ字でもOK)に書き換える作業をします。

 

✔︎カテゴリー、タグ設定

編集画面の右側にあるカテゴリーとタグを設定します。

 

カテゴリーは1記事につき1カテゴリーが原則です。

親カテゴリーと子カテゴリーに分かれている場合は、子カテゴリーを選択してください。

 

親カテゴリーにも自動で分類されるので安心してくださいね。

 

タイトル、メタディスクリプションの作成

これで最後です。

 

タイトルとメタディスクリプションを作成していきます。

 

タイトルを決めるときも、キーワードは左づめで記事の内容が分かるようにつけましょう。

Google先生も、タイトルと見出しは見ただけで内容が分かることを推奨しています。

 

メタディスクリプションとは、検索表示された時にタイトルの下に出る説明文のことです。

 

これらは、「AII  in  One SEO Packs」というプラグインを追加すると記事ごとに簡単に設定することができます。

 

他に記事作成に役立つプラグインをこちらの記事で紹介しています。

WordPressのおすすめプラグインと追加方法を解説!

 

あとは最終の誤字脱字などを確認して、問題なければ投稿です。

 

お疲れさまでした。

 

ブログ記事の書き方まとめ

ブログ記事の書き方抑えておくべきこと5つ

ここまでの手順を踏まえて、ブログを書く時に押さえておくポイントをまとめておきます。

 

  • タイトルと見出しにはキーワードを含める
  • 悩みはユーザー目線で解決する
  • 文章は必ず結論から書く
  • アイキャッチ画像はインパクトとオリジナリティがあるといい
  • 行間を詰めすぎない

 

まだブログを始めてたばかりで、どう書けばいいかわからない方でも上記の手順で抑えるべきところをしっかり抑えられれば、体裁の整った文章を書くことができます。

 

あとは、量をこなせば自然と質がついてくるので、しっかり書き進めていきましょう。