【ブログのキーワード選】初心者でも分かる手順を紹介!

ブログ キーワード選定 やり方 ブログ

ブログのキーワードがとても重要な要素であることはブロガーの皆さんは百も承知ですよね。

ただ

ブログのキーワードってなに?
どうやって決めたらいいの?

 

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

本記事では、上記のような悩みを解消する記事となっています。

本記事の内容

  • キーワードの重要性
  • キーワードの選定方法<ツールの使い方も紹介>
  • キーワード選定の注意点

 

ブログキーワードとは検索ワードのこと

そもそもキーワードって何?
キーワードは、検索クエリに入れるワードのことだよ!

 

あなたがGoogleやyahooで何かを調べたい時、検索窓に打ち込みますよね?

 

それが、いわゆるキーワードです。

このページは、こんな悩みについて解決していますよ!

ということを伝えるワードになります。

検索する時は、文章じゃなくて「単語 単語」で検索するよね!これらを総称してキーワードというんだよ!

 

ブログキーワードの重要性

 

じゃあ、なぜキーワードがそんなに重要なのか3つの理由があります。

  1. キーワードは読者の悩みそのもの
  2. 多くの人に読まれるかどうか決まる
  3. 記事が上位表示されるかどうか決まる

順に説明していきます。

 

キーワードは読者の悩みそのもの

 

キーワードを決めることによって、読者はこの記事が自分の悩みを解決してくれるかどうか判断する軸になります。

 

ただ、普通は記事を書いたら、その内容に相当するタイトルをつけるのは、誰もが無意識に行なっていること。

 

大事なのは2つ目と3つ目の理由です。

 

その記事が多くの人に読んでもらえるかどうか決まる

 

当たり前ですが、ブログは読んでもらえないと意味がありません。

 

そのためには、出来るだけ多くの人が検索するワードをキーワードに設定する必要があります。

 

それが、キーワード選定と言って実際に選んだキーワードがどのくらい検索されているのかを調べる行為です。

 

キーワード選定のやり方については後述していますので、そちらをご覧ください。

記事が上位表示されるか決まる

上位表示とは、一般的に検索をかけた時に出てくるページの1ページ目に載ることを言います。

 

ここに載るかどうかは、Googleが決めることです。そしてGoogleはこう言っています。

 

我々は読者の意図にぴったり一致するコンテンツを表示させる。と。

 

つまり、読者の悩みやニーズを正確に把握し、それに基づいた解決策を提示する必要があります。

 

1つ目の理由でも言いましたが、キーワードとは読者の悩みそのものです。

 

悩みにぴったりマッチした解決策を提示するには、キーワードの選定がとても重要になってくるのです。

 

ブログキーワードの選定手順

undraw_quiz

 

ここまでで、ブログのキーワードがいかに重要であるかお分かりいただけたかと思います。

 

ここからは、実際にキーワードを決めていく手順をご説明します。

 

  1. 書きたいテーマを決める
  2. 関連キーワード取得ツールで関連キーワードを抽出する
  3. Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを確認する
  4. ターゲットにするキーワードを選ぶ
  5. 選んだキーワードの競合調査をする

 

手順1:書きたいテーマを決める

 

まずは書きたいテーマを決めましょう。

 

細かく決める必要はなくざっくりで大丈夫です。

当ブログであれば、テーマは「ブログ」です。

 

テーマを決めるコツは、以下の要素から考えるとすんなり決めやすいですよ。

  • 自分の好きな分野、他の人よりも得意な分野
  • 過去はできなかったけど、今はできるようになったこと

 

手順2:関連キーワード取得ツールで関連キーワードを抽出する

 

記事にするテーマが決まったら、関連キーワード取得ツールでキーワード候補を抽出していきます。

 

このパートでは、1で決めたざっくりしたテーマの何について記事を書くのかをツールを使用して決めていきます。

 

関連キーワードの抽出方法その1

 

1で決めたざっくりテーマを関連キーワード取得ツールの「検索キーワード」に入力します。

 

関連キーワード抽出方法その2

 

入力するとそのキーワードに関連するキーワードが抽出されます。

 

①:Googleの検索エンジンに入力した時に予測ワードとして出てくるキーワード。

②:全キーワードリストは表示されているキーワードが全てまとまっており、これをコピーして検索ボリュームを調査します。

 

「ブログ」で検索

 

ちなみに、私の場合はGoogleサジェスト中に自分が記事にできそうなキーワードがあれば優先してボリュームチェックをして、いけそうならすぐ書きます。

 

ない場合は、Googleサジェストの下に五十音順で複合キーワードがズラッと抽出されているので、そこから候補を探して、ボリュームチェックの流れです。

 

今回は、「ブログ キーワード」をキーワードに選定してます。

 

Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを確認する

 

全キーワードリストをコピーしたら、次は、検索ボリュームのチェックをしていきます。

 

検索ボリュームをチェックするツールはいくつかありますが、私が使っているのは「キーワードプランナー 」です。

 

こちらのツールは、「google広告(google  AdWords)」の機能の内の1つです。ただ、これを使うためには、google広告を出稿しないと正確な検索ボリュームを調べることはできません。(最低月200円程度)

 

無料でも使うことはできますが、無料だとだいたいの数値幅しか調べることができないので、有料をオススメします。

 

それでは、実際に使っていきましょう。手順は以下のとおりです。

 

キーワードプランナー 手順1

 

Google広告へ登録します。

(この時、Googleアカウントのログインも必要ですので、アカウントを作成しておきましょう。)

 

キーワードプランナーへのアクセスはこちらこちら

 

 

キーワードプランナー 手順2

 

以下の画面に遷移しますので、右側の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

 

 

キーワードプランナー 手順3

 

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の欄にコピーした全キーワードリストをペーストします。

 

赤枠内に

 

ペースト

 

ペーストが完了したら、「開始する」をクリックします。

 

キーワードプランナー 手順4

 

以下の画面に遷移したら、「過去の指標」をクリックします。

 

 

すると過去のキーワードごとに検索ボリュームが表示されるので、検索ボリュームが大きい順にソートをかけます。

(月間平均検索ボリュームをクリックするだけでソートをかけることができます。)

 

 

するとそれぞれのキーワードに対する1ヶ月の検索ボリュームが表示されます。

 

ターゲットにするキーワードを選ぶ

 

ここまででテーマに関連キーワードのボリュームがわかったので、ターゲット(実際に書いていくキーワード)を決めていきます。

 

多くの人は、キーワードプランナー で抽出したキーワード結果を、ExcelやGoogleスプレッドシートへ転記してまとめるのですが、少し面倒くさいですし、初心者にはハードルが高いです。

 

オススメは抽出結果から適度な検索ボリュームのキーワードを探しつつ自分の書けるものを探して、そこからさらに複合ワードを検索していくのが良いです。

 

例えば、

「ブログ」で抽出→「ブログ 書き方(ボリューム3600)」を見つける
→ボリューム的に少しハードルが高い→類似ワードで「ブログ 記事 書き方」を検索→ボリューム590→これなら書けそう

と言う流れです。

 

実際に書いた記事はこちらです。

  • トップページに企業サイトが1〜2
  • 強敵ブロガーが1〜3[/box]

 

これより企業サイトや強敵ブロガーが多いキーワードでは、上位表示を獲得することが難しいと思います。

 

あまり競合がいないブルーオシャン(競合やコンテンツの多いことをレッドオーシャンと言います)を狙ってキーワードを選定するのがオススメです。

 

競合を見てみて自分の知識や経験が勝るならば、チャレンジもありですよ!

 

ブログキーワード選定の際の注意点

 

キーワードを選ぶ際は以下の点に注意して選定を行いましょう。

じゃないと、いつまで経っても表示されないなんてことが起こりえますからね。

 

ロングテールキーワードを選ぶ

 

キーワードを選ぶ時は、ロングテールキーワードを選びましょう。

 

ロングテールキーワードとは、「ブログ キーワード」のように2〜3語の複合語でできているキーワードのことを言います。

 

なぜ、ロングテールかと言うと、「ブログ」などの1語のキーワードはビッグワードと言われ検索ボリュームがとても多いからです。

 

多くの人が検索してるから良いんじゃ…

 

確かにそうですが、多くの人が検索しているということは、それだけ競合が多いと言うことです。

 

まずは、ロングテールから書き始めて、徐々にビッグワードへ誘導する書き方が吉です。

 

検索ボリュームが適切なものを選ぶ

 

キーワードを選ぶとき、検索ボリュームが100〜1000のものを優先的に選んでください。

 

なぜなら、先ほども言ったように、検索ボリュームが多すぎると上位表示を狙うのが難しくなります。ただ、100以下のニッチすぎるキーワードは上位は取りやすいですが、アクセス増が見込めません。

 

初めのうちは、検索ボリューム100〜1000のキーワードで記事を1本作成するのが良いでしょう。

 

ブログキーワードの選定はとても重要です

かなり長くなってしまいましたが、キーワード選定の手順をもう一度おさらいしておきます。

 

  1. 書きたいテーマを決める
  2. 関連キーワード取得ツールで関連キーワードを抽出する
  3. Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを確認する
  4. ターゲットにするキーワードを選ぶ
  5. 選んだキーワードの競合調査をする

 

また

  • ロングテールキーワード
  • 検索ボリュームが100〜1000

 

を優先的に書いていきましょう。

 

キーワードを意識せずに書いては、どれだけ質が高くても読まれません。

 

今後のキーワード選定に本記事が参考になれば幸いです。